食生活の改善に取り組む女性

高血圧は放っておくと大変なことになります。しかし食生活の改善などで多少は高血圧の進行を食い止めることができます。また、最近では個人輸入などの通販で簡単に薬を購入し、自力で治療もできるのです。

高血圧に効果的なお茶と肝炎

肝炎とは肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊されるという病気のことなのですが、日本ではB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染によるものが多くなっています。その原因にはウイルスだけでなくアルコールや自己免疫などがあり、ウイルスに感染している人は40歳以上の人がほとんどです。しかし、最近では若い人でもB型肝炎に感染する人が増えてきています。肝炎ウイルスに感染して放置しておくと重大な病気の原因になってしまうことがあるのですが、できるだけ早く医療機関で適切な治療を受けることにより、症状の進行を防ぐことができます。ウイルス性肝炎は治療できる病気となっており、正しい知識を得て早期発見・早期治療を心がけましょう。高血圧を予防したいという場合、バランスの取れた食生活と適度な運動が大切です。また、お茶を飲むことも血圧を下げる効果があると言われているため、どのような種類のお茶を飲むと良いのか知っておくと良いでしょう。カテキンは強い抗酸化作用を持っており、毛細血管を強くして動脈硬化や老化を防ぐという効果が期待できます。さらに、コレステロール値や血糖値、血圧の上昇を防ぐ効果もあるため、生活習慣病の予防に役立つでしょう。カテキンはどんなお茶にも含まれているのですが、あまり発酵させない緑茶などに多く含まれています。また、そば茶に多く含まれるルチンはポリフェノールの一種であり、血流を改善したり血管の弾力を元に戻したりする働きがあります。そのため血流や血管の状態が関係する高血圧の予防に最適な成分と言えるでしょう。また、ドクダミ茶の美肌効果はよく知られていますが、高血圧の予防にも効果を期待することができます。