食生活の改善に取り組む女性

高血圧は放っておくと大変なことになります。しかし食生活の改善などで多少は高血圧の進行を食い止めることができます。また、最近では個人輸入などの通販で簡単に薬を購入し、自力で治療もできるのです。

フルーツの摂取で高血圧を低めに

 高血圧の治療法として運動療法・食事療法・薬物療法などが取り上げられています。そのなかでも、日常生活の中の改善方法としては食事療法がより負荷の低い方法とされています。そのため、高血圧の人にとって低めの血圧を得るために食事療法として効果のある食物を把握することは重要です。特に、血圧を下げる効果があるカリウムを多く含むフルーツは、入手しやすさも含めて有効に活用したいアイテムです。また、このカリウムは塩の中にも含まれているのですが、過剰なナトリウムが高血圧の原因となることもあり、それ以外の摂取方法が望まれています。但し、フルーツは果糖も多く含みますので、やはり取りすぎは毒でバランスをとる必要はあります。
 フルーツはこのようにメリットの多い食物ですが、食べ方には注意な必要な面もあります。例えば、グレープフルーツはビタミンCやカリウムが豊富で血圧を下げる効果が期待できますが、カルシウム拮抗剤という種類の血圧降下剤を服用している人には相性が悪く血圧が必要以上に下がりすぎてしまう問題があります。積極的な摂取に当たっては自分の内服薬を確認することをお勧めします。
 フルーツの食べ方としては、単体だけではなく、他の食物との組み合わせがお勧めです。特に、血圧を下げる効果のあるお酢といっしょにサラダで食べれば、ビタミンを損なわない効果も期待できます。また、フルーツの種類を考えた場合、入手のしやすさと価格が低めなことも重要です。例えばりんごやバナナは1年中スーパーで販売されており、値段も低めに設定されています。食生活の改善は短期間だけでは意味が無いため、長期間を設定し無理なく続けられる環境を整えることが求められます。